トップページ    会長方針

会長方針

2018-2019年度 会長    有村 文章

会長メッセージ
2018-2019年度 会長 有村 文章

協働、そしてさらなる発展へ

2018-2019年度RI会長バリー・ラシン氏の年度テーマは「Be The Inspiration(インスピレーションになろう)」です。 その意味するところは氏の言葉を借りれば「ロータリーは重要な存在となったが、どんな団体でどんな活動をしているのか理解している人は少ない。 ロータリーの真の奉仕を実現するために、私たちは公共イメージにもっと重点を置き、今日の課題に立ち向かう意欲をクラブ、地域社会、 そして組織全体から引きだすためのインスピレーションとなる必要がある」と説明されています。

 これを受けて、2018-2019年度2700地区ガバナー岡野正敏氏は、「クラブを通じてより良い世界を築くためには、多様な価値観を持つクラブの会員を大切にし、 ロータリアン一人一人が“素晴らしいひらめき”を持とうということではないか」と理解され、まずクラブ及び会員を大切にすることが重要との考えから 「寛容と思いやり そして和の心」を地区メッセージとして公表されました。

 さて、福岡平成ロータリークラブは前年度に創立25周年を迎えましたが、さらに5年後、10年後に向けてクラブ活動を充実させ、会員相互の親睦と奉仕の実践を これからも継続していくことを、全員が改めて心に刻んだことと思います。 しかし、活動の基盤となる会員増強は思うように進まず、当面の目標である60名にはなかなか到達しないのが現状となっています。

 一方で前々年度に多くの退会者が出たことから、クラブの求心力が弱くなっているのではないか、そうであればそれは何が原因か、 また求心力や魅力を高めるためには何が必要かを、地域貢献、社会奉仕を中心に私なりに考えてみました。僭越ながら思いつくままにいくつか挙げてみます。
 ・集まって食事をするだけでは魅力がない。
 ・目的意識や所属意識がなければ退会する。
 ・インスピレーションになるために公共イメージとして地域をもっと意識すべき。
 ・行っている活動は地域社会に広く認知されているのか。(評価されているのか)
 ・地域の方を例会に招いて活動を知ってもらうのはどうか。(会員増のためにも)
 ・地域のニーズを調べそれに応える長期的プロジェクトを計画実行してはどうか。
 ・地域社会に貢献できる機会を寄付だけでなく行動として設定すべきではないか。

 他にもいろいろ考えられますが、やはり5大奉仕を中心に、自分の活動は社会に貢献できているということを実感できることが、目的意識や所属意識を生み出すために 大切ではないかと思います。それも実際に自分の体を動かす活動が必要ではないでしょうか。 何事も他者から評価され認められる、期待され求められるということは大きなモチベーションになります。 また行動することは、最初は面倒でも継続すれば楽しみになり力になり、そこに交流が生まれます。

 以上のことから、今年度のクラブ運営は「地域を意識する」ことと「行動する」ことを念頭に方針を考えました。

 「地域を意識する」ということは、社会奉仕を行ううえで、より地域との距離が近づくような活動を行うということです。 地域に根差したクラブとして認められ、奉仕活動が期待されれば会員のモチベーションも上がり、会員増強の呼びかけにも効果があるのではないかと考えています。 長期的な課題として取り組む価値があるのではないでしょうか。

 「行動する」ということは体を動かすということでもあります。 クラブの会員として各委員会の構成メンバーとなっても、奉仕活動で体を動かさずに1年間を過ごすことは可能かもしれません。 しかし、ロータリーの会員としては何か物足りなく感じるのではないでしょうか。 ちょうど今年度は次のガバナー年度に向けて地区組織の活動が本格化いたします。 会員は全員がクラブの委員会と地区組織の両方に組み込まれ忙しくなることが想定されますが、行動を起こすいい機会だと思います。

 多様な価値観を持つ会員の集まりであっても、ロータリーの同じ目標に向かって進んでいるはずです。 共に行動する組織、まさに「協働」ということですが、委員会や地区組織に託された役割を果たすために、メンバーが「寛容、思いやり、和」の心をもって協力し合えれば、 きっと深い連帯意識が芽生え、クラブも一体感ある活性化された組織にもう一歩近づけるのではないかと期待します。

 「協働することによって生まれる連帯感で、より地域に密着した奉仕活動を行い、地域から認められ賛同者が増えることで、入会者も増えクラブがさらに発展する。」 そんなイメージを持って今年度の運営方針を「協働、そしてさらなる発展へ」といたしました。 国際奉仕や青少年奉仕は従来どおりですが、社会奉仕を行いながらクラブの基盤強化ができないかという考えです。 これをインスピレーションにして、各委員会でも本年度の運営方針にクラブの活性化案を織り込んでいただきたいと思います。